2011/07/30

こんなに国の為に怒れることは。


時間がない人は15:20くらいから見るといいです。


いつもブログ更新を楽しみにしている人がこの動画の事を取り上げていました。



東電と政府の対応に憤怒している様子を映した動画です。











この動画を見て驚いた事がありました。














この方が言っていたことや怒っている事に対して驚いた、のではなく、
見終わった後、自分が「なぜこの人はこんなに国の為に怒れるのだろう」
ふと思った事に驚きました。





実際に被災地を見て、話を聞いてきた者が思う事じゃない、と思うのに。
自分変わったな。

2011/07/29

カフェ。



意識してなかったけど、新しい場所に移動するたびに
カフェを探しているっぽい。

今日もデリでまったり。






そういえば、日本でもカフェやバーで作業する事が多かったなぁ。
でも意外に作業進まないんだよね。本当に進むのは移動中。笑


だけどまた来ちゃうんだよなぁ。笑

2011/07/27

WORLD – CRUISE



インドで人の喧噪にまみれながら久々にPCを開くと、
以前お会いした@motoi さんからDMが来ていました。

添付してあるURLには


1日3万再生! YouTubeの収益で旅するショートムービー作家”永川優樹”


とあり。

おお、なんだなんだ、と思いながら見てみるとこれがまた面白い。

世界中の街をただ繋ぎ合わせたシンプルな動画を見飽きる事が無い。
ずーっと見入ってしまう。
特にコメント欄を見てみてると、世界中から反応が来ていて
それを読むのも面白い。

世界一周、こんなスタイルがあるんだ。
結局、大事なのは視座なんだよなぁ。

ちょとこれを肴にいろいろ考えてみよう。
@motoiさん教えていただき、ありがとうございました。

2011/07/22

たくみくんって気が利くよね。どうして?


たくみくんって気が利くよね。どうして?


と聞かれた。
インドのバラナシをふと、宿で出会った旅人に言われた言葉。
そんなことはあまり言われないので驚いた。

彼は先に一緒に食事をしていたときに、
僕が体調のすぐれなさそうな友人を気遣っている姿を見てそう思ったらしい。



どうして?と聞かれたけど、わからん。
きっと高校での寮生活が基盤になっているとは思うけど、
実際できていない人も多い。
寮以外の何かが僕にそういう印象を与えているのかも。


でもこの彼の問いの答えに僕は興味が無かった。
逆に、僕は彼がどうしてこういう問いをしたのかが気になった。

なんでかっていうと、僕は自分がこうして気を利かすのが
あまり好きじゃない、と思い始めていたから。
気を利かす、ということは一定の距離を相手と僕の間に作る事と思ってる。

僕はその距離をゼロにすることが得意じゃない。
だからものすごく親しい仲になれない。


彼は続ける。



俺、気を利かすことはできないんだけど、
気を利かしてる人に気付く事はできるんだよね。
気付く度に、「あぁ、俺こんなふうに人に優しくできたらいいのにな」って思うんだよね。
俺、そういうの苦手なんだよ。



それを聞いていて、思う。
彼は僕に無いものたくさん持ってるのに、と。


彼は1ヶ月インドに居て、そのうちの2週間をバラナシで過ごしている。
場所はもちろん、細道も知り尽くして、街ゆく人は彼の友達だ。
一緒に歩いて、立ち止まって話す事もしばしば。

僕はそんな彼を見ていて、「うらやましいな」と素直に思う。
なぜなら、僕は彼ほど現地に溶け込めていないからだ。
彼みたいに、フレンドリーに話したいと思う。
彼みたいに、体裁なんか気にせずに自由にしたいと思う。



他人が憧れるところって意外に自分が気にしていないところだったりするのかな。
逆も然り。


また会いたいなぁ。
彼発端で"BABA会"なる、旅人の飲み会が発足したので、
それもまた楽しみ。
会えるのは何ヶ月後かな。

イケメンハンターと遭遇。


7月12日から17日までポカラに行ってきました。
喧噪の激しいカトマンズに嫌気がさして、
バスで9時間、フィンランド人のユーシーと旅について話しながら到着。
("You see で覚えやすいでしょ?"って言われました。かっけぇ。。笑)

彼は高校卒業した後に6年間、建築現場で働いた後、
大学のinternational business classに入って25歳にして1年生。

高校卒業⇒働く⇒大学入学は結構一般的なんだって。
ユーシーは働きすぎたらしいけど。

一回、働いてみた方が勉強にも身が入る気がするなーと
聞いたときは思ったけど、
結局人それぞれ。
たぶん、フィンランドの制度にも
日本の新卒採用と同様に何か課題があるんだろうなぁ。


---------------

さてポカラに到着すると、バンコクで出会ったJUNが言ってた
「PENGUIN GUESTHOUSE」に。
到着して早々に、「あ、ここ嫌いだな」と思いました。

僕の最も嫌いな匂いが充満する場所。
これをやる人は心の底で軽蔑しています。
でもこのレイクサイド周辺で最も安い宿だったので、結局最終日まで滞在。
値段はGOOD。

---------------

ポカラでは珍しく日本人と5日間も行動してました。
普段は基本一人だからこの状況はかなり珍しい。

名前は咲子さんという女の子で、なんと地球の歩き方のライターさん!
しかもその書いてる内容が「世界イケメンハンター」。笑
しかもしかも、僕は以前からそのブログのファンだったという。。笑笑




その名の通り、どれだけ肉食系な女性なのかと思って
ちょっと期待してたら、
全然肉食系じゃなく、旅好きでフレンドリーな女の子でした。


実は共通の知り合いも多かったり、
同じ宿に泊まった事があったりと共通点が多くて驚き。
当然、話も弾んで楽しい時間を過ごせました。


咲子さんのすごかったところは、
彼女が話すとどんな場所も魅力的に見えてしまうところでした。
僕が既に行った場所、タイやカンボジアの話でも
咲子さんから聞くと「また行きたい」と思えてしまう。
行った事の無い場所ならなおさら。
本当に旅を楽しんでるんだろうなぁ..
ちょっとうらやましい思いで聞いてました。
(いや、僕も楽しんでるんだけどねw)

良かったら彼女のブログもご覧下さい。

世界一周☆恋する咲ログ

世界イケメンハンター
(彼女はジュ○ンボーイで働いてた事もあったらしく、イケメンを見る眼はたしか!らしい!笑)


そんな咲子さんも世界一周で、またヨーロッパで会えそう。
そんなときにはお互いどんな旅をしてるんでしょう。
旅人同士の再会はいつでも楽しみなものです!

2011/07/19

ポカラに到着!!

カトマンズで3日を過ごし、
3日目の朝にカトマンズを出発。
予定より早い出発だったのは、カトマンズの空気が悪くて喉を壊したため。

僕が生まれた頃にあったような四角いデザインの車が普通に行き交うこの国では、
排気ガスがひどい。(ついでにゴミもひどい)

ここでも52歳で旅しているコガさんや仕事の休みを使って来ていたアユミさん、
そして道ばたで楽器を売り歩いているブッディ、
アクセサリーを売っているサニー、ステーキ屋の店員さんと出会いました。



ステーキ屋の店員さんは、日本の女性が大好きらしくて、
既に5人いる彼女に日本女性を加えたいらしいんだが、
「No opportunity」らしい。笑

「どうやったら出会える??」と聞いてきたので


「mixiやれ」って言っときました。
あながち、間違ってないでしょ?w


そんな彼に僕の妹の写真を見せると、
目を輝かせて、「妹を紹介してくれ・・!!もし紹介してくれたら俺の彼女の一人をprovideするよ!!!」と言う。笑


「俺の彼女をprovideする」っていう表現が面白くって笑ってたら、
彼が妹に手紙を書きたいと言い出した。

愛の言葉をつづってくれました。笑
あとで妹に送っとこう。
あんな妹でもモテるんだから、
日本人女性ってほぼ無条件にモテるんじゃないかと思った日でした。笑

-----------

ポカラに到着すると、
以前友達から薦められていたゲストハウス、「PENGUIN GUESTHOUSE」へ。
ドミトリー150ルピー(約180円)、シングル200ルピー(約230円)の超格安ゲストハウスは
実はややワケありのゲストハウス。

好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、そんな場所です。(僕は完全に後者)
気になる人はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

-----------

ポカラはトレッキングをはじめ、パラグライディング、ラフティング、スカイダイビングが有名な場所。何よりカトマンズの二万倍空気が綺麗で、落ち着いた場所。

インドの前にゆっくりすることに決め込みました。
次は楽しかったポカラのことを書くことにします。
でもその前に、ガンジス川を見に行きたいので、そのあとに。^^

7月10日、ネパール到着!

早朝7時、慣れ親しんだカオサン通りを出発。
この旅で最も時間を過ごした場所で、たくさんの出会いがありました。

カオサン、全然飽きなかったなぁ。
特に何があったわけではないけど、また帰ってきたいな、と思う場所になりました。


-----------
カオサン通りからスワンナプーム空港まで130バーツ。(日本円で約390円)
早速バスに乗り込むと、隣りに中国人ぽいけど、日本人っぽい女性が座ってました。
話しかけると日本人で、彩さんという、今中国に住んで映画や番組の音声さんをやってる方でした。
今回はたまたま、バンコクにビザの更新と旅行で訪れたようでした。


日本語を思い出し思い出し使っているという、彩さんの話はとても面白かったです。
中国人の声がやたら大きいのは、中国人が円卓を使ってご飯を食べるからだ、とか、
中国人との結婚はありかなしか、とか、(笑)
映画監督を諦めて音声さんをやることにしたのはなぜか、とか。

スワンナプーム空港まで30分、40分くらいの道のりも
あっという間で、搭乗ぎりぎりまでずっと話し込んでいました。
それくらい魅力的な人でした。

どんな形であれ、目標に向かって頑張ってる人は目が輝いてる。
中国に行くときあれば、必ず会いたい人です。

-----------

ネパールの首都カトマンズまではリッチにタイ国際航空を利用。
サービス精神旺盛で、機内食のチキンカリーもうまし!
搭乗前にラーメン食べたけど、関係無しに食べちゃいました。
カンボジアで体調崩して以来、体重落ちてるからちゃんと食べなきゃなぁ..

さて、4,5時間のフライトを経て、いざ着陸ーってときに
隣りのネパール人が
「空からMt.Everestが見えるんだぞ!」って教えてくれました。(でも結局雲に覆われて見えない。涙)
でもそれをきっかけに話が弾んで、彼がHONDAの社員であること、何度も日本に来たことがあることなどを話しました。そういえば、飛行機の中で友達ができたのは初めての経験。

-----------

さて、入国。


・・のはずが、入国には25ドル必要らしい。






おや、今持っているのは24ドル・・???笑




まさかの準備不足&押し寄せてくる絶望感。笑




にゅ、にゅうこくできねぇ。。。





あたりをキョロキョロすると、青い服を来た日本人の女性の方を発見。

「1ドル貸してもらえませんか?」と聞くと
「細かいのないから10ドル貸すよ。ホテルに返してもらいにくるのも申し訳ないから、
日本に帰国したときに旅の話を聞かせてね。」と言ってもらいました・・!!

その女性の方は僕がいつもお世話になっている、CHOYA梅酒の海外事業部の方でした。
お金足りなくて絶望しかけていましたが、
またこうして縁ができたことが嬉しかったです。
帰国したら必ず挨拶に行こう。


-----------

というわけで、ネパールの首都カトマンズに入国。
入国時に話したアキラさんと一緒の部屋に泊まりました。

アキラさんは歯学部の学生で、節電で急遽大学が休みになったので
ネパール、インド、タイを1ヶ月で旅行するとのこと。
ボクシングをやってて若干強面ですが、
笑うと人なつこい顔をする、優しそうな人でした。


というわけで、ネパール入国!!!




※いつもよりブログが丁寧なのは、「ブログを更新せよ・・!!」とのお告げを受けたからです。見てくれて楽しみにしてくれる人が一人でもいるってことは、嬉しい事だよね。
でもけっこうタイムラグがあって今はインドにいます。笑

2011/07/09

盗難にあった!!

昨日あんなこと書いたおかげで、
早速誰かがバックパックの中を漁ってくれましたよ。

感謝!!!





感謝するかばか!!






超焦ったよ・・
まぁ幸い、入れてたスペアの財布は見つからなかったみたいで、
クレジットカードは無事でした。パスポートやPCほか、大事な物はちょうど持ってました。
でもなぜかカラビナだけ無くなってました。

同乗したイギリス人は時計とカメラと、ライトを盗まれてたんだって。

残念そうな顔をしてたから「それもネタになるよネタ!!」って言いたかったけど、
かなり深刻な顔をしてたから控えときました。
(ちなみに英語でもなんて言うかわかんなかった)


けっこう頻発してたようで、
先日乗ってきたバンコク発のチェンマイ着のバスでも盗難があったみたい。
東南アジア一周してきて、こんなこと初めて。
ちょっと気を引き締める気にはなったかな!でもまだパスポートなくしたほうが面白くなると思ってる!やっぱりばかなんだとおもう。笑


-----------------

そういえばチェンマイ、楽しかったです。



The salad concept.
ぼくの旅が本当に始まった場所であり、
今まで巡ってきた場所の中で最も心の休まる場所。

この旅でこんな素敵な場所ができたことを心から誇りに思う。
また帰ってくるんだ。

2011/07/08

そういえば

そういえば、まだパスポートやクレジットカード、お金類を
盗まれた事が一度も無い。

2ヶ月経ってもなお、だ。

僕の警戒心が強いのか、運が良いのか、悪いのかわからないけど、
正直これでは日本に帰ってみんなに合わす顔が無い。


きっと帰国して飲みにいくときは、
「一番大変だったことは??」とか聞かれるんだろう。

そのときに、「トイレの紙がなかったことくらいかな」なんて言いたくない。
そんなん、日本でもある日常茶飯事だ。

せめてパスポートくらい無くさないと、話のネタにならない。
僕は話がヘタクソなので、中身の凄さで勝負しないと何も面白くないからだ。



というわけでパスポートとかお金を盗んでくれる事を期待しつつ、
今日もバスに乗ります。

あ、でもPCとiPhoneはやめてほしいかな。
「パスポートなくした!!!あぼーー!!!」ってつぶやきたいから。笑

2011/07/07

シンプルは自分にとってのベスト。



目の前の事がシンプルに頭にすっと入ってこないときは、
「こうしなければいけない」っていう糸にがんじがらめになってる。
でもその糸は自分でほどこうとしてもほどけなくて。

誰かに「からまってるよ」って教えてもらわないとその存在に気付かない。
でも気付いた瞬間、シンプルに考えられるようになる。

そういうことを何度か繰り返して、
自分がどういう糸に引っかかりやすいのか、わかってくる。

つまり、自分にとってシンプルじゃないことは
自分にとって最適な選択肢じゃないということ。


だって一つの線になってないってことは、
まだ点と点の状態で、わかってないってことだもんね。笑

2011/07/06

I love youの言い方

またブログが久々になってしまった。ごめんなさい。笑
いまは心のふるさと、チェンマイに帰ってきました。

ここはまさにホームプレイスで、
1ヶ月半前に1週間居ただけだったけど、思い出たくさんの良いところ。
友達とバイク乗ったり、レストランで働いたり、夜遅くまで踊ったり、
よくウイスキー飲みすぎてタイ人に何度か介抱されてたなぁ〜。笑

ネパール行きの飛行機が10日だからちょっと遊びにきてます。


というわけで、今日はタイ人の友達が働いてるカフェへ。
28歳のタイ人、エー。

彼女は、僕が以前働いていた「the salad concept」で働いて知り合った仲。
今は違うところでカフェやってるんだって。

しかし、驚くべきは彼女、40歳の日本人の彼氏がいるらしい。笑

付き合ってるって聞いたときは最初は、ひっかけられたんだ、かわいそうに。。。
という目で見てたけど、
毎日電話してるって話(!)聞いて、彼が本気なんだなって思ってびっくりした。笑

彼とはまだ2回しか会ってなかったらしいんだけど、
地震があって、メールでいろいろやり取りして付き合うことになったんだって。
思わぬところで地震の影響。笑

彼は結婚する気まんまんなんだけど、
彼女はもっとお互いの事を知ってから結婚したいんだって。
タイ人ってお金持ってる人種は関係なくモテると思ってたから、
ちょっと彼女の答えは意外だった。でも、本気で恋愛してる感じで
ちょっとこっちもにやにやしてきちゃったよ。笑


そこで、彼女が「I love youって日本語でなんていうの?"あいしてる"の他は?」
って聞いてきた。

ん、あいしてるの他ってなんだ???


ぼくもわからなかったから、なんでそういうことを聞くのか聞いてみたら、
日本には愛してるの言い方が複数あるってどっかから聞いたらしい。

あーなるほど。ふむふむ。

ということで、ぼくなりのI love youを教えておいた.






「おまえのくちびるに恋してる」って言っとけば間違い無しって。笑


彼女、嬉しそうに「今日の電話でそう伝えるわ!きっと驚くでしょうね!」って言ってた。

うん、きっと驚くと思うよ!と言っておいた笑
でも本当に幸せそうだった。超遠距離なのに。ちょっとうらやましかったな。