2012/07/26

あひるの空



あひるの空。

僕の数少ない愛読書のひとつです。
いわゆるバスケマンガ、なのだが、スラムダンクより"人間くささ"に
焦点をあてたストーリー。

読んでいるとあのときの夢の続きを見ているようで、
変に燃えてくる。

さぁ、5分間の休憩もおわり。がんばるぞっ!

2012/07/19

まだまだ、でしょ?

今、21日・22日に向けたイベントに向けてここ数日はなかなか楽しい状態になっているのだが、ふと振り返ると自分の言葉や行動がひどく雑になっていることに気づく。

自分で決めたルールや他人との約束。

それらがすべて、「忙」という言葉によってかき消されていく。

膨大に見える仕事を言われたままにこなし、請け負った仕事の意味・目的を考えずに命令通りに動く。

「自分は決して、そんな能無しな仕事の仕方はしない。」
そんなことを思っていた学生時代。
しかしながら、「忙」というものは思考と創造性をいとも簡単に奪い去っていく。


決して、履き違えてはいけない。
今は仕事をしているのではなく、勉強しているのだ。
お客さまを目の前にした言葉の使い方、ユーザーにとって使いやすいシステム・デザイン、上司から学ぶ仕事のやり方。


そこにある学びの機会をポジティブに見るか、はたまたルーティンなものとして見過ごすのか。

答えは一つ。


もっと気を張って、頑張っていこう。

俺はまだまだこんなもんじゃない。
そうでしょ?