2012/10/24

なにかを書きたいと思う。

何かを書きたいと思って、ブログを書き出す。
でも、結びはだいたい同じなので、下書き保存して、また書き直す。

また一緒になるから、保存、書き直し。


そうして、下書きだけが増えていく。
そして、この下書きだけが、いまの自分の本音だったりするわけで。

http://www.mocchiblog.com/?p=8575

人によるかもしれないけど、僕は下書きの気持ち、よくわかったなぁ。









2012/10/05

親父。

おれ、親父ってほんとすごいと思うんだ。
最近1人になると、ずっと親父のことを考えている。

20代後半で、会社作って、そのときはwebって何、って時代から、親父はエンジニアでもないのに、webの会社作って。

んで、わからないから、高専の学生に技術を教わって、そして、家族4人養って。

大変だったろうに、ちゃんと休みを取って、父親であり続けた。
母親が病気になったときも、母親を支えて。
借金かかえて、会社潰したときも、俺ら3人をちゃんと学校に通わせ続けた。


すごいことだ。
本当に、すごいことだ。


その親父と、今度仕事をすることになった。
親父がディレクターで、俺が制作。
この機会に、親父からいろんなことを盗もう。勉強させてもらおう。

やっぱり俺は、親父みたいな立派な人になりたいから。


最近

ってか、ここ半年くらい、何ともらしくないというか、だめだなぁ。

その証拠に、いろんな人に心配されるようになったというか。
旅行中も心配してもらったけど、そのときとは違う、もっと、深刻な心配。

おれ、そんなに楽しくなさそうか。


生活リズムも崩れた。
煙草も前より吸うようになった。
食べ物も偏ってきた。
付き合う人たちも変わった。

そして何より、
自分の心の声が聞こえなくなった。

何を考えてるのか、自分でも。

なぜこの場所を求めたのか、何がしたいのか。
それが曖昧なまま、半年が過ぎた。


このままだと、大事なものを失う、そんな気だけがずっとする。

でも、絶対に諦めまいと、誓っている。どんなに失敗続きでも、負けない。決めたことは最後まで。

辛い、逃げたい。
そんな弱い、口先だけの自分から、変わりたい。
ただ、その一心、なのかもしれない。

夜、12時50分、誰もいない公園。
消防車の音と、喘ぎ声がする。